FC2ブログ
バツイチ同士の再婚は果たしてうまくいくのだろうか。我が道をゆく妻と神経質で嫉妬深い夫。そして喧嘩の絶えない三姉妹との毎日を綴るブログ。
2013年08月25日 (日) | 編集 |
24日の土曜日は大曲の花火大会に行ってきた

と言っても、私も夫も仕事なので 出発は夕方6時半

毎年会場への道は渋滞するが、この時間になると全く込まないので
8時前には目的地に着くことができた



規模の大きさや観客数(ちなみに去年は76万人!)競技のレベルの高さから
「日本一」と称される、"大曲の花火"こと全国花火競技大会。
打ち上げ数は 約1万8000発。
技や実績から選び抜かれた一流の花火業者だけが出場できる大会で、
内閣総理大臣賞、経済産業大臣賞、中小企業庁官賞、文部科学大臣奨励賞などが授与される
権威ある大会としても知られていて、内閣総理大臣賞が与えられるのは、
茨城県土浦市の「土浦全国花火競技大会」と、大曲の花火の2大会だけらしいです。

70961.jpg 
上はお借りしたもので、以前の大曲花火の写真
(会場でみるとこんなにすごい迫力なんだぁ


我が家は毎年会場へは行かず会場から川を挟んだ向こう側から見る
(この時間から会場まで行くのはたぶん無理なので


そして花火大会が終わって来場者の車が全部出た後テントを張り、1泊して帰る
到着してから花火を見れるのは1時間そこそこでもキャンプを兼ねているので
それでもじゅうぶん楽しめるのだ


あちこちの花火を見てきたが、大曲の花火はやはり全然違う

大きさも違うし、開花音のあの地響きするような迫力

しかも、ただ会場で音楽がなっているのではなく、一曲一曲に合わせて花火が上がるので
その融合がすごく感動する
P1020889.jpg

少し歩けば河川敷がありそこから見れるのだが、会場から離れたここもすごい人
狭い河川敷の通路も人の出入りが激しく、お客さんの隙間からようやく撮影する感じ

P1020890.jpg

ずっと河川敷で立ってみるのは疲れるので
車を止めた場所に戻り、テーブルをセッティング
持参した食べ物を広げ、食べながらゆったり花火を見る

P1020897.jpg P1020893.jpg

ただ目の前に学校があるので、学校越しの花火になるが、
毎年ここなので別に気にならない
P1020894.jpg

P1020888.jpg P1020887.jpg


例年通りテントを持参したが、雲行きが怪しくゲリラ豪雨の可能性もあるので
今回はキャンプは諦め日帰りすることにした



フィナーレを見てから帰ると何時間もの渋滞に巻き込まれ帰宅は1時2時になるので
少し早めに出発した我が家

9時のフィナーレを後ろ向きで見ながらの帰り道
おかげで11時半には自宅に到着(早っ…



ああもちゃんと花火見たよ!
(あ、ほっぺは保育園で転んでテーブルに強打したらしい
P1020901.jpg


テントに泊まれなかったのは残念だったけど、すごく感動した花火だった

でも… 一度でいいから会場で見てみたいな…



いつもありがとうございます 
今回もポチポチッとお願いします
  


にほんブログ村

スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
土浦市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
2013/08/26(月) 08:45:55 | ケノーベル エージェント